ホーム > 木のおもちゃ・小物

ENJOY 木を楽しもう 木のおもちゃ・小物

「間伐材工房 元樹」で作られる木工製品

「間伐材工房 元樹」について

伊豆沼に訪れる水鳥たち

冬の朝、うす曇りの空を見上げると声を掛け合いながら群れをなして飛んでいく白鳥を見かけます。夏は、水面いっぱいの緑のなかであかりが灯るように咲いている蓮の花に目を奪われます。伊豆沼では四季を通して多くの命が育まれています。

ラムサール条約にも登録されている伊豆沼のそばに建つフォレストサイクル元樹の「間伐材工房 元樹」では、間伐材ステーションの運営とあわせて、森の重要な資源である間伐材を活用しておもちゃや小物を製作しています。

間伐材を活用した製品づくり

小さな端材もムダにしない

間伐材ステーションに集まる木材の多くは、森林保全活動の過程でできた間伐材です。
曲がってしまった木、多節、小径木、半端材など建築用資材としては出荷できず森に放置されている「林地残材(りんちざんざい)」と呼ばれている丸太です。

樹木としての役割を終えた間伐材は「間伐材ステーション」に集まり、おもちゃや小物・園庭資材や燃料に生まれ変わることで、私たちの日常生活のなかで再出発をします。

森からの恵みを最後までムダにしないということも、フォレストサイクル元樹の「森を育てる」活動のひとつです。

生きている木を自然のままに
思いどおりにはいかない素材が教えてくれる知恵

プラスチックは熱を加えることで形を変えることができます。ところが木は、切ったり削ったり、時には湿気や乾燥で反り返ったり、なかなか思いどおりになってくれません。
ですが、ささくれたらヤスリをかけたり、欠けたら別のなにかを作る材料にしたり、「自分の手でなんとかする」知恵を教えてくれます。

呼吸するおもちゃ

木は湿度によって反ってしまうこともありますが、ひっくり返すとまたもとに戻ります。それは、木が空気中の湿気を吸い、放湿しながら呼吸して生きているからです。
ワックス加工で木の反り返りを防止することもできますが、私たちはあえてその木の特性を活かした製品づくりをすることにしました。
赤ちゃんや小さなお子さんが使うものは、自然のままの風合いを感じてもらえるように無塗装・無着色の製品づくりをしています。
一部の製品には、変色やカビを防止するために米油など天然オイルを使用して仕上げています。

木の製品に触れることで、木の手ざわりや香りだけでなく、生きている木の自然の姿も知っていもらいたいと考えています。

同じ形でも一つひとつ違う

材料には間伐材ステーションに集まるスギやマツなどの針葉樹、サクラやナラ、ケヤキなどの広葉樹を使っています。
さまざまな種類の木から作られた製品は、形は同じでも、一つひとつ木目の柄も香りも異なっているのです。
素材特有の節や欠けもできるだけそのまま作品に活かしています。

製品紹介

「間伐材工房 元樹」で製作されている製品の一部をご紹介。お気に入りが見つかったらオンラインストアでご購入いただけます。
ホームページやオンラインストアで紹介している製品以外にも、ご希望の木を使ったオリジナル製作も承ります。

「間伐材工房 元樹」製作された木工製品は、オンラインストアでご購入いただけます。

オンラインストアを見る

オリジナル製品を作りませんか

ホームページやオンラインストアで紹介している製品以外にも、ご希望のシルエットデザインやサイズでオリジナル製作も承ります。

オリジナル製品:事例
  • 運動会や発表会のメダル・記念品
  • ロッカー札(動物や星などをモチーフに、幼稚園や保育園などでご活用いただけます)

その他、様々な用途に合わせてオリジナル製品を製作いたします。

お問い合わせ

MEMBER / VOLUNTEER会員 / ボランティア募集

森の仕事のお手伝いをしてみませんか?

薪作りや除間伐、イベントのお手伝をしてくださる会員・ボランティアを募集しています。

会員 / ボランティア登録の詳細を見る