ホーム > お知らせ > 福島でのチェンソー講習会

お知らせ

福島でのチェンソー講習会

掲載日:2017年6月23日

6月10日(土)、福島市内にある「ささき牧場カフェ」様主催のチェンソー講習会に、フォレストサイクル元樹スタッフが講師として参加させていただきました。
9:30〜16:30ごろまで続く1日がかりの講習会で参加者は10名。うち4名は女性で、年代もさまざまな皆さんが集まっていました。
参加者のほとんどがチェンソー初体験。チェンソーの実機を使った実地講習の前に、まずは安全講習を受けていただきました。

安全講習

安全講習では、チェンソーはもちろん山仕事全般の危険度について、私たちの経験談を交えながらお話しさせていただきました。
そして普段私たちが山仕事を行う時の服装や装備についても紹介。

  • ●クマ対策のクマ鈴やラジオ・爆竹
  • (情報取集だけでなく音を出してクマを警戒)
  • ●必ず着用しているヘルメット(森林内イベント開催時子供を含む参加者)
  • ●毒のある虫に刺された時の救急用具(吸引具)

 

また、「こんな人は危ない」をテーマに、山作業時の危険な行動や言動について実例を交えて説明しました。怖いと思う気持ちは決して恥ずかしいことではありません。常に危機感を持つことは、危険を未然に防ぐ行動につながります。

安全講習の後は、チェンソーの仕組みや構造を説明。
混合油とチェンオイルの入れ間違いや、刃の交換時に逆向きに付け替えてしまう危険性など、私たちの失敗談も含めてお話ししました。
また、実際にチェンソーを持って重さを体感してもらい、ロック機能を使いながらエンジンの始動やスイッチの切り方などを皆さんに体験してもらいました。

ささき牧場カフェで昼食

昼食は「ささき牧場カフェ」へ。
特製スープカレー(非売品)と新鮮な牛乳、採れたての野菜のほか、牛乳と麹でできたチーズ豆腐のような珍しい料理もご馳走になりました。
「ささき牧場カフェ」は、ワサビやトマトをはじめ、低温殺菌された新鮮な牛乳を使用したソフトクリームが評判です。
講習会を実施した日も、終日お客さまで賑わっていました。私たちも、講習会終了後にソフトクリームをいただきました。

チェンソー実地講習

午後は、講習会の主催者の方が保有しているスギ林に移動し、チェンソーの実地講習を行いました。
まずはフォレストサイクル元樹スタッフが、お手本として伐採前の準備や伐採手順を説明しながら、実際に木を伐採しました。

参加者の皆さんには「チャプス」という防護服を着けていただき、小さなチェンソーで枝払いをしてもらったり、大きなチェンソーで輪切りや玉切りを体験してもらいました。
まずは、どこをどう伐ると木や枝がどう動くのか、リスクをどう回避するのか、機械を動かして作業をする前に予測や計画を立てる必要性も説明しました。

初心者の参加者が多い講習会でしたが、皆さん真剣に取り組まれチェンソーの扱い方も上手く、無事に安全に講習を終えることができました。

「ささき牧場カフェ」様とは今年2月ごろからやり取りが始まり、ご縁があって今回の講習会のご依頼をいただきました。
私たちもまだまだ活動や作業方法を模索中なので、普段実施している範囲でしかお話しすることはできませんが、少しても皆さんのお役に立つことができて嬉しく思います。

MEMBER / VOLUNTEER会員 / ボランティア募集

森の仕事のお手伝いをしてみませんか?

薪作りや除間伐、イベントのお手伝をしてくださる会員・ボランティアを募集しています。

会員 / ボランティア登録の詳細を見る